平成20年4月から、メタボ検診が義務化されました。
40歳〜74歳の男女が対象ですが、もう皆様は健診を受けられましたでしょうか?
いつもの健康診断に腹囲測定がプラスされたこのメタボ健診。
自分の現実を目の当たりにするのが嫌な方は、たくさんいることと思います。
では、メタボ健診が義務化された理由はご存知でしょうか。
理由のひとつとして考えられるのが、昨今の医療費の増加への対策です。

スポンサードリンク

メタボ検診義務化と保険料

高齢化社会に突入した日本にとって、医療費の増加というのは頭の痛い問題です。
そこにきて、メタボの増加、生活習慣病リスクの増加。
今よりも生活習慣病患者が増えれば、日本の保険制度自体を見直さなければならないくらいの、危機的状況にきてしまいました。

メタボは生活習慣病の温床といわれています。
生活習慣病に一度かかると長期間の治療が余儀なくされ、医療費は多額になってしまいます。
この医療費を抑えることができれば、医療費削減に多大な効果をもたらすことが出来ます。

ですので、メタボ検診を義務化し、メタボを早期発見することで生活習慣病の増加に歯止めをかけようということになったのです。

メタボから生活習慣病に進行する人が増えれば今以上に医療費が増えるため、そうならないために検診を受け、病気を未然に防ぎ医療費を抑えて保険料をアップさせなくても済むように、ということです。

メタボと判断された場合には、保健指導を受けて改善対策をしなければなりません。
そのためのお金と時間はかかってしまいますが、メタボを放置した場合を考えると、まだ安くで済むことだといえます。

メタボ健診の義務化には、賛否両論あり、まだまだ議論はつづいています。
保険料のことなど、マイナスなこともありますが、私たちにとってはありがたい話だと受け止めなければなりません。
生活習慣病になって本当に困るのは、国でも医療保険者でもなく、私たち自身なのです。

健診のときに慌ててお腹を引っ込めなくてもいいように、普段から適度な運動、食事管理をこころがけ、メタボ予防に努めましょう。
一人一人の小さな意識が、最終的には、大きな医療費削減に繋がっていくのです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

メタボ検診と保険料:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://hoken.df93.com/metabo/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。